2019.05.18 Saturday

USハードロック - アーチ・ライヴァル/サード・ディグリー・バーンズ(ショップ商品紹介)

0

     

     


    マイケル・ハリス(G)率いるアメリカン・ハードロック・バンド ARCH RIVALによる3rdアルバム、プチレアな国内廃盤帯付。

    地味なんだけど、欧州ハードロックの色気が漂うメロディックでタイトなサウンドが嬉しい。本作がラスト・アルバムになったのがなんとも惜しいです。



     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:お勧めCD・DVD全般

     

     

    JUGEMテーマ:HR/HM

     

     

     

     

    2019.05.18 Saturday

    国連最大の汚職事件の全貌とは? - 映画『バグダッド・スキャンダル』

    0
      評価:
      コメント:国連職員だったマイケル・スーサンが自らの体験を基に著した小説「Backstabbing for Beginners」の映画化。

      JUGEMテーマ:話題の映画

       

      【内容紹介】以下、引用開始↓

      200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた?国連史上最悪の政治スキャンダルがこれだ! 実話に基づくベストセラー小説を完全映画化した、驚愕のサスペンス! !

      イラクで起こっていた世界56ヶ国2,000以上もの企業が絡む過去最大のスキャンダルを描いた初の映画として話題になった本作。サダム・フセイン政権時代の当時のフッテージ映像も使いながら、史実に基づく事実を積み重ね、一説には200億ドル(約2兆2000億円)とも言われる未曽有の金額が流出した実際の汚職事件の謎を解き明かす重厚な社会派サスペンス。


      舞台は1991年に起こった湾岸戦争の影響で、長年経済制裁が敷かれ、困窮が続いていたイラク戦争直前の2000年代初頭のイラク国内。2001年アメリカで同時多発テロが起き、サダム・フセインが大量破壊兵器を開発しているかどうかということが国連安保理で大きな議論になっていた。


      「石油・食料交換プログラム」は、国連がイラクの石油を管理しその販売金で食料を買い、それを市民に配給するという目的で始められた人道支援計画。総額640億ドル(当時の為替で7兆3600億円超)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し、2003年11月に終了した。当時、プログラムを管理していた国連事務次長の関与がのちの調査で明らかになり、少なくとも18億ドル(2070億円)以上の汚職が判明しているが、国連が調査協力を拒否したため現在も全貌は明らかになっていない。


      ウォール・ストリート・ジャーナルが選ぶ“ブック・オブ・ザ・イヤー"、CNNが選ぶ“ブック・オブ・ザ・ウィーク"に選ばれた「Backstabbing for Beginners」を原作に、脚本は監督のペール・フライと『クライシス・オブ・アメリカ』(04)などサスペンス映画の脚本を多く手掛けるダニエル・パインが共同で書き上げた。
      主演のマイケルを演じたのは、世界的に大ヒットした『ダイバージェント』シリーズや『アンダーワールド』シリーズで人気を博すテオ・ジェームズ。本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねている。『ガンジー』(82)で第55回アカデミー賞主演男優賞を受賞し、3度のアカデミー賞ノミネートを果たしている名優ベン・キングズレーが、彼の上司で国連事務次長のパシャ役を務める。そのほか、名作『ブリット』(68)のほか、『2重螺旋の恋人』(17)にも出演したジャクリーン・ビセットも出演している。


      ★STORY
      2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する“オイル・フォー・フード"プロジェクトを担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配る。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構がかかわっていることを知る。やがて世界に例を見ない巨額の詐欺事件に発展していくのであった。

      --------------------------------------------------------------------------------------------
      上記の解説とウィキで大まかには理解できますが、果たしてどんな映画に仕上がっているのか?デンマークでは昨年の1月に公開され、日本では11月、半年を経てのDVD/Blu-rayリリースで待ってましたという感じです。

       

      脚本はTVドラマ「マイアミ・バイス」や『トータル・フィアーズ』(02)『クライシス・オブ・アメリカ』(04)のダニエル・パイン。

       

      イラク戦争直前における「石油・食料交換プログラム」の裏側ー。鬼気迫る状況下で動く人物像が、信用・疑惑・妥協・恋愛を絡めて分かりやすく描かれています。どこまでが本当の出来事なのか謎ですが、映画として一級のサスペンス・スリラーになっていました。

       

      好青年の印象が淡々と続くテオ・ジェームズ、アクの強さで押し切るのかと思えば、誠実さをも感じ取れる演技のベン・キングズレー。トルコ出身の女優ベルシム・ビルギンが緊迫したストーリーに花を添えている。

       

      主人公が存命ということが不思議に思えるほど主要人物が衝撃の死を遂げます。日本では単館上映でしたが、よく公開に踏みきったなと思います。

       

       

      2019.05.14 Tuesday

      USプログレ/シンフォニック・ハードロック - ラナ・レーン/ラヴ・イズ・アン・イリュージョン

      0

         

         


        ラナ・レーンて、そういえばご無沙汰だな〜と。5th『SECRETS OF ASTROLOGY』までハマっていました。

        ジャケットの雰囲気から平穏なプログレ作かと思えば実はハードロックだったという記念すべきデビュー・アルバム。これは旧規格の黒帯版で後にAVALONレーベルからも再発されました。

        当時はなかなかに衝撃的だったものです。

        適度に良い曲が揃っているというワケではなく、やはりこのアルバムで強力なのは叙情的な『THROUGH THE FIRE』とダイナミックな構築美の『THROUGH THE RAIN』。ラナ・レーンの楽曲の中でも1・2を争うキラーチューンではないかと。

        『THROUGH THE RAIN』のシンセ&ギターソロなんて何度聴いても鳥肌モノです。ハードロックの奥深さをしみじみ感じてしまうのだ。



        THROUGH THE RAIN ライヴ映像↓

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:お勧めCD・DVD全般

         

         

        JUGEMテーマ:HR/HM

        JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜

         

         

         

         

        2019.05.14 Tuesday

        最近のランチ・タイム

        0

          JUGEMテーマ:焼肉

           

          たまには食ネタでも。昼間は暑い、夜は微妙に寒いという今日この頃。

           

          地元では個人経営の焼肉屋が穴場で夜行くのが好きでしたが、引っ越してからはリーズナブルなランチを狙って有名店へ行くことが多くなっています。

           

          タレが旨いかどうかで決めるところですが、健康を考えつつ肉と野菜は定期的に摂っていこうかなと。この辺は食べ放題のランチが安くて便利。

           

          じゅうじゅうカルビ

           

          2019.05.12 Sunday

          2019/5/4★大阪 北堀江 club vijon ライヴ・レポート『AZRAEL etc.』総括

          0

            JUGEMテーマ:No Music, No Life

            JUGEMテーマ:ライブレポート

            JUGEMテーマ:HR/HM

             

            世界のメロディック・パワーメタル・ファンの皆様お待たせしました。

             

            前回告知したAZRAELの大阪公演の感想を。因みにスペインのAZRAELじゃないですよ、日本のです。知ってるわ!

             

            あ、世界の・・ってそんだけ多くこのブログ見てないでしょうけど、たまに海外からのHR/HMファンの問い合わせあるんですよ。CD送ってくれるの?みたいな。あと、バンドからも。

             

            ということで、AZRAEL。聴き惚れたのは3rd『SUNRISE IN THE DREAMLAND』から。メタル系は洋楽ばかりチェックしてるんで国産バンドに疎いんですけど、こればかりは当時インパクトありました。

             

            一時期解散したのかと思っていたのですが、強力な新作もリリースされて今回のライヴ。メタル友のススメもありちょうど時間あったのでじっくり拝見いたしまいた。Steel Emblem,Minstrelixの後にAZRAELは90分ステージです。

             

             

             

            会場満員で予定時刻よりオーバーのスタート。最初はSteel Emblemです。

             

            一番後ろで立っているだけなのに熱気が凄くで汗がたらたらと。しばしカウンター前に設置されている映像で鑑賞しておりました。いや、このバンド初見ですが凄くいいです。販売ブースにおられたStarless,Aphroditeのヴォーカルの方ともお話ができてうれしょうございました。

             

            AZRAELの販売ブースでもメタル友のつてでしばしダベってたんですけど、次はMinstrelixでちょっと強引に右最前列までグイグイとおじゃましての鑑賞。なんか、女性Key奏者に目を奪われまして・・はい、楽曲の感想はないんかいなと突っ込まれそうですが、いいでしょう!

             

            この時点で販売ブース内ツーショット含めて写真を何枚かいただきました。公開しちゃっていいのか聞いてなかったのですがまた機会改めて。名刺忘れてたし。

             

            左の写真はカウンター内で出会ったインドネシア出身のAZRAELファンの後姿。いろいろと祖国のメタル事情を伺う事ができました。その名もずばりPOWER METALっていうバンドが一番人気あるそうで、日本のメタルのファン層も厚いらしい。彼の友人にIchiっていう方がおられるのですが、AZRAELのカバーをやっていてナイスです。
            ※下にYouTube貼っときます。

             

            さてさて、とても楽しいライブでした!ありがとうございました!!

             

            え?AZRAELのネタ・記事ね。また今度!! 嘘です、いや、結構前2バンドが強力で、へとへとになってきてたんですよ。とりあえず、会場内撮影NGじゃなかったんで、遠目のショットだけでも載せときます。

             

             

            AZRAELは全曲最前列で堪能させていただきました。長丁場なので疲れも出るところなのですがあっという間で楽しいステージでした。AKIRA氏のハイトーンVo素晴らしいし、ドコドコの疾走感に悶絶。

             

            というわけで本日はこの辺で、ご挨拶できなかった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

             

            【番外編】
            この後、CDコレクターの先輩である上記メタル友の繋がりでAZさんの打ち上げにも参加。AKIRA氏とCD談義で盛り上がりました(笑)終電逃したので同じくその場で出会ったAZRAELのファンの方とともにネットカフェへ向かって一服してから帰りました。

             

            【アーティスト関連動画】

             

             

             

            2019.05.09 Thursday

            元ボストンのメンバー在籍 - オリオン・ザ・ハンター/ORION THE HUNTER(ショップ商品紹介)

            0

               

               


              ボストン活動停止中にバリー・グドロー(G)が結成したメロディック・ロック・バンド、オリオン・ザ・ハンターによる84年発表の唯一のアルバム、リマスター再発盤。

              バリー・グドローとブラッド・デルプは後にRTZを結成。その活動中にデルプ不在のボストンに参加したフラン・コスモがオリオンのヴォーカルを務めていた。

              ボストンに似通った甘口のハードポップを展開しており、時代を感じさせるが流石の出来映えです。



               

               

               

               

               

               

               

              JUGEMテーマ:お勧めCD・DVD全般

              JUGEMテーマ:No Music, No Life

               

              2019.05.07 Tuesday

              スウェーデン産ハードロック - SNAKES IN PARADISE/GARDEN OF EDEN(ショップ商品紹介)

              0


                再評価されつつあるんじゃないかなと取り出した一枚。

                昨年新作もリリースされ復活したスウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンド、スネイクス・イン・パラダイス。98年発表の2ndアルバム国内廃盤帯付。

                ゼロコーポからリリースされていた1stアルバム以上に楽曲が充実しており、化けました。

                ソウルフルな『VOICE INSIDE』『CHILD OF YESTERDAY』など全盛期のWHITESNAKEを彷彿とさせつつ、総じてアメリカン・ハードの明快さを備えた熱いサウンドが楽しめる。







                JUGEMテーマ:HR/HM



                2019.05.06 Monday

                スウェーデン産メロディック・デスメタル - MOONSTRUCK/FIRST LIGHT(ショップ商品紹介)

                0


                  93年に結成されたスウェーデンのメロディック・デスメタル・バンド MOONSTRUCKによる1stアルバム、デジパック仕様。

                  ヴォーカルはデスでもサウンドはストレートな正統派ヘヴィメタル。ひたすらメロディアスなギターがメイデンぽくって心地よい。

                  ジャケのイメージ通りB級感漂っていますが、クサメロ系メタルのファンにオススメしたくなる一品です。




                  JUGEMテーマ:HR/HM

                  JUGEMテーマ:デスメタル

                  2019.05.06 Monday

                  イタリア産メロパワ - MIDNIGHT FORCES/RAYSTORM(ショップ商品紹介)

                  0


                    この作品をネタにするのはどうかと思ったのですが・・好きなタイプのメタルをやってるんですけどね。

                    イタリアのメロディック・スピードメタル・バンド、MIDNIGHT FORCESによる現状唯一のアルバム。

                    バンド名カッコイイのにモヤッとしたジャケット、中を開くとメンバー写なしで目が光ってる異星人のような絵が。いや、中身がよければいいのです。

                    しかし音がズレまくっていました(汗)

                    要所で泣きのギター入って最初期のHELLOWEENっぽいところもありつつ、音割れててもいいやって方は是非どうぞ(苦笑)



                    JUGEMテーマ:HR/HM



                    2019.05.05 Sunday

                    GWにライヴ一本

                    0

                      JUGEMテーマ:No Music, No Life

                      JUGEMテーマ:HR/HM

                       

                      昨晩は国産メロディック・パワーメタル・バンド、AZRAELの大阪公演を見に行っておりました。

                      ライヴ・レポートは後程!
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。