<< USプログレ/シンフォニック・ハードロック - ラナ・レーン/ラヴ・イズ・アン・イリュージョン | main | USハードロック - アーチ・ライヴァル/サード・ディグリー・バーンズ(ショップ商品紹介) >>
2019.05.18 Saturday

国連最大の汚職事件の全貌とは? - 映画『バグダッド・スキャンダル』

0
    評価:
    コメント:国連職員だったマイケル・スーサンが自らの体験を基に著した小説「Backstabbing for Beginners」の映画化。

    JUGEMテーマ:話題の映画

     

    【内容紹介】以下、引用開始↓

    200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた?国連史上最悪の政治スキャンダルがこれだ! 実話に基づくベストセラー小説を完全映画化した、驚愕のサスペンス! !

    イラクで起こっていた世界56ヶ国2,000以上もの企業が絡む過去最大のスキャンダルを描いた初の映画として話題になった本作。サダム・フセイン政権時代の当時のフッテージ映像も使いながら、史実に基づく事実を積み重ね、一説には200億ドル(約2兆2000億円)とも言われる未曽有の金額が流出した実際の汚職事件の謎を解き明かす重厚な社会派サスペンス。


    舞台は1991年に起こった湾岸戦争の影響で、長年経済制裁が敷かれ、困窮が続いていたイラク戦争直前の2000年代初頭のイラク国内。2001年アメリカで同時多発テロが起き、サダム・フセインが大量破壊兵器を開発しているかどうかということが国連安保理で大きな議論になっていた。


    「石油・食料交換プログラム」は、国連がイラクの石油を管理しその販売金で食料を買い、それを市民に配給するという目的で始められた人道支援計画。総額640億ドル(当時の為替で7兆3600億円超)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し、2003年11月に終了した。当時、プログラムを管理していた国連事務次長の関与がのちの調査で明らかになり、少なくとも18億ドル(2070億円)以上の汚職が判明しているが、国連が調査協力を拒否したため現在も全貌は明らかになっていない。


    ウォール・ストリート・ジャーナルが選ぶ“ブック・オブ・ザ・イヤー"、CNNが選ぶ“ブック・オブ・ザ・ウィーク"に選ばれた「Backstabbing for Beginners」を原作に、脚本は監督のペール・フライと『クライシス・オブ・アメリカ』(04)などサスペンス映画の脚本を多く手掛けるダニエル・パインが共同で書き上げた。
    主演のマイケルを演じたのは、世界的に大ヒットした『ダイバージェント』シリーズや『アンダーワールド』シリーズで人気を博すテオ・ジェームズ。本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねている。『ガンジー』(82)で第55回アカデミー賞主演男優賞を受賞し、3度のアカデミー賞ノミネートを果たしている名優ベン・キングズレーが、彼の上司で国連事務次長のパシャ役を務める。そのほか、名作『ブリット』(68)のほか、『2重螺旋の恋人』(17)にも出演したジャクリーン・ビセットも出演している。


    ★STORY
    2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する“オイル・フォー・フード"プロジェクトを担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配る。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構がかかわっていることを知る。やがて世界に例を見ない巨額の詐欺事件に発展していくのであった。

    --------------------------------------------------------------------------------------------
    上記の解説とウィキで大まかには理解できますが、果たしてどんな映画に仕上がっているのか?デンマークでは昨年の1月に公開され、日本では11月、半年を経てのDVD/Blu-rayリリースで待ってましたという感じです。

     

    脚本はTVドラマ「マイアミ・バイス」や『トータル・フィアーズ』(02)『クライシス・オブ・アメリカ』(04)のダニエル・パイン。

     

    イラク戦争直前における「石油・食料交換プログラム」の裏側ー。鬼気迫る状況下で動く人物像が、信用・疑惑・妥協・恋愛を絡めて分かりやすく描かれています。どこまでが本当の出来事なのか謎ですが、映画として一級のサスペンス・スリラーになっていました。

     

    好青年の印象が淡々と続くテオ・ジェームズ、アクの強さで押し切るのかと思えば、誠実さをも感じ取れる演技のベン・キングズレー。トルコ出身の女優ベルシム・ビルギンが緊迫したストーリーに花を添えている。

     

    主人公が存命ということが不思議に思えるほど主要人物が衝撃の死を遂げます。日本では単館上映でしたが、よく公開に踏みきったなと思います。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Search this site.
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    著作権:肖像権について

    当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。