<< 80Sクリスチャン・メタル - ストライパー/イン・ゴッド・ウィ・トラスト(ショップ商品紹介) | main | ロシア産メロパワ - ARIDA VORTEX/WILD BEAST SHOW(ショップ商品紹介) >>
2019.04.15 Monday

規律と現場の自己責任 - 映画『ハンターキラー 潜航せよ』

0

    JUGEMテーマ:話題の映画

    JUGEMテーマ:映画の感想

     

    面白い!大味だけどこんなアクション映画は大好き。米海軍潜水艦元艦長ジョージ・ウォレスによる原作、米国防総省&米海軍全面協力とあるが、リアリティだけでなく娯楽要素は大きい。

     

    「『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が放つ、潜水艦アクションの新境地」と聞いて見ないわけにはいかない。キャッチは 「そこは音だけが《見える》戦場」。

     

     

     

    古くは『U・ボート』や『レッド・オクトーバーを追え!』『クリムゾン・タイド』など潜水艦の名作がありますが、本作は海の中に限定したストーリーではなく地上戦も大幅描かれておりこれは意外でした。これから観る方はあらすじを読まずに劇場へ向かったほうがよいでしょう。

     

     

     

     

    ロシア国内のクーデターにより大統領が監禁される事件が発生。ロシア海域へ向かったジョー・グラス(バトラー)艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”と連携し、大統領を救出すべく動く米軍特殊部隊の活躍をも描いています。

     

    ルールを順守するものと自己の信念と責任においてイレギュラーに行動するもの。劇中、戦争を回避しなければならない一触即発の事態に緊張が高まる中、我々の社会規範をも考えさせられる場面がいくつか提示され共感ポイントはなかなかのものです。

     

     

     

     

    思い切りドンパチやって、けれども引くとこは引く。結果よければ全てよし!っていう、そこんところ大味ではあるけれど、陸海バランスのとれた娯楽アクション(スリラー)映画になっておりました。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Search this site.
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    著作権:肖像権について

    当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。