<< スイスの骨太ハードロック - THE ORDER/ROCK WOLF(ショップ商品紹介) | main | TNT、ニュー・シンガーを迎えての新曲 >>
2018.05.04 Friday

戦略・突撃・掃討、機密作戦の実話を映画化『ホース・ソルジャー』

0

    JUGEMテーマ:映画の感想

     

    本日公開の戦争映画『ホース・ソルジャー』を早速鑑賞。2001年9月11日アメリカ同時多発テロ発生直後、初めて対テロ戦闘に身を投じた12名の特殊作戦実行部隊の活躍を描いた実話。

     

    機密故に公にされることがなかったという。原作読んでないし、私もまったく知りませんでした。敵地の規模、作戦の推移、彼らが生き残るのかどうかも映画を観てみないと分からない。

     

     

    キャッチは「9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊」。

     

    アフガニスタンが舞台の映画『ランボー3 怒りのアフガン』(88)では「15万のソ連軍最強師団の中へ!」だった。流石に敵勢15万て、盛り込みすぎだったよねと・・今回もそんな感じ?

     

    それはさておき、皮肉なことにソ連軍撤退後にタリバンが台頭したわけで、時代背景を勉強するにはランボー3を見直すのもいいかもしれない。

     

    邦題は『ホース・ソルジャー』ですが、山岳地帯を移動するには馬が必要だったということで、騎馬隊の活躍というよりかは激しい銃撃戦がメイン。反タリバン勢力を率いる北部同盟の将軍・軍閥との協力体制、敵の拠点への正確な空爆の誘導、接近戦を含めた制圧・掃討という展開。

     

    若き戦略家の隊長とユーモアさえ感じさせる現地将軍とのやりとりが重苦しい背景を緩和している。そのドスタム将軍とは最後のテロップで出たとおり、アフガニスタン現第一副大統領でございました。

     

    意外とお涙頂戴のドラマは控え目で戦意高揚・・とまではいかないまでも、ドライで勇猛果敢な戦闘映画になっていたと思います。テーマ曲も勇壮。

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Search this site.
    MELODIC LEDGE RECORDSリンク
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    著作権:肖像権について

    当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。

    MELODIC LEDGE RECORDSリンク