<< アクセスの多い都道府県はどこだ | main | 135/135(ショップ商品紹介) >>
2016.07.30 Saturday

映画『シン・ゴジラ』感想

0

    JUGEMテーマ:映画の感想

     

     

    「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本/総監督を務めた日本版ゴジラの新作。監督・特技監督は樋口真嗣。

     

    このあいだ米版やったばかりだし当初はまったく興味がなかったのですが、レビューサイトで高評価だった為、気分転換含めて急遽地元で鑑賞。福知山シネマさん、前職ではお世話になりましたのよ。

     

    お客さん少ない中、悠々自適に観れた新しいゴジラ。人によってかなり満足度に差のある作品には違いないなと実感。以下、ちょいネタバレご注意。

     

    細かいカット割に早ゼリフ、人物・兵器のテロップなどヱヴァを想起させる演出が前半あわただしく展開。想定外の巨大生物にエリート集団が対処法を導き出す姿が滑稽で最初はなかなかに笑えます。実際に防衛省・自衛隊に協力を依頼し、つくり上げた脚本からはリアリティを徹底している凄みが伝わる。

     

    ゴジラの出現時は、庵野流の「別の生命体」かと勘違いしてしまうほどぶっ飛んだ流れだったので期待が高まった。もしかして、“日本の今”をしっかり描きつつ、怪獣大戦争が始まるんじゃないか?と。

     

    ゴジラに総攻撃を仕掛けるシーンは最高潮の盛り上がりをみせるし、夜の大都会での魔物の暴れっぷりがかつて見たことがないものだったのでこれはよかった。惜しいのはあの「別の期待」とは裏腹に、後半トーンダウンしてしまったところです。「いや、そうじゃない、この映画はこういうのだから」と、説得されているような気分になる。

     

    多分お子さん達には難解で途中爆睡も逃れられないかも。娯楽性だけは高いこの前の『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を勧めますわ。

     

    けど、小学校高学年くらい(適当)からはこれ見ましょうよと。大人の鑑賞に堪える作品で、僕は『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』よりも見応えありました。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Search this site.
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    著作権:肖像権について

    当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。