2020.02.16 Sunday

ZARD・坂井泉水の未公開詞 - SARD UNDERGROUND「少しづつ 少しづつ」

0

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    JUGEMテーマ:坂井泉水(ZARD)


    「名探偵コナン」エンディングテーマになっているSARD UNDERGROUNDの新曲。

    作詞はZARDの坂井泉水さんで作曲は大野愛果。

     





    『ZARD tribute』を発表した彼女たちがまさかオリジナル曲をリリースするとは思わなかった。

     

     

    2020.02.01 Saturday

    坂本美雨×TM NETWORK〜Gift for FanksからGift from Fanksへ

    0

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      JUGEMテーマ:TM NETWORK

       

      TMファンである坂本美雨からのTMデビュー35周年記念メッセージ。

      選曲にFanks愛を感じます。

       

       

       

      私が初めてTMに触れたのはアニメ『吸血鬼ハンターD』から。

      ファンになったのは87年のブレイク後となりますが、ベスト盤でまた過去を辿るのもいいかなと。いつも思うのは、TMが80年代(後半)にやっていたことにようやく時代が追いついたということだ。

       

      〜デビュー前に録音された『グリニッジの光を離れて』が収録されるとあれば買わずにいられない。

       

      外部リンク:TM NETWORK、デビュー35周年記念ベストアルバムに幻の作品を収録決定(BARKS)

      2020.01.12 Sunday

      結婚式には呼ばれたら行きますけど

      0

        JUGEMテーマ:人生訓

         

        温度差はありますが、マコなり社長のおすすめ動画。

        新年早々・・最近見たタイトルで一番面白かったです(爆)

         

         

        【余談】
        コンテンツの質を高めるにはやはりBGMが大事。ここで言うとHR/HM系になりますが(苦笑)

         

        ベタなところでAEROSMITH『MISS A THING』、JOURNEY『OPEN ARMS』やZENO『TOGETHER』、FIREHOUSE『WHEN I LOOK INTO YOUR EYES』あたりだ。

         

        さて、みなさんはどんな曲を選ばれるでしょうか。
        2019.12.16 Monday

        BABYMETALライヴ映像〜DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto) (OFFICIAL)

        0

          JUGEMテーマ:BABYMETAL

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

           

          BABYMETAL、ロサンゼルス The Forum公演と11月の"METAL GALAXY WORLD TOUR in JAPAN"で構成されたライヴ映像公開。曲はB'zのTak Matsumoto参加の『DA DA DANCE』。

           

          ユーロビート〜EDMのノリで、構成が小室哲哉風。初期B'zをいまだに愛聴している身としては嬉しい楽曲です。

           

          2019.10.13 Sunday

          BABYMETAL - METAL GALAXY WORLD TOUR LIVE AT THE FORUM

          0

            JUGEMテーマ:BABYMETAL

             

            10月11日(金)世界同時発売となったBABYMETALの3rd album「METAL GALAXY」。海外チャート・アクションも上位に入り良好な様子。

             

            『Metal Galaxy World Tour 2019』海外ツアーのオーディエンス映像に感涙

             

            「BABYMETAL」というブランドそのものが素晴らしい。自分がこれまで好んで聴いてきた音楽要素の集大成のようであり、スタイリッシュな衣装とキレのあるパフォーマンス、さらに高解像度の巨大スクリーンが新鮮だ。年々パワーアップしている。

             

            ■アメリカ初のアリーナ公演、ロサンゼルスThe Forum

             

            2019.09.29 Sunday

            メンタリストDaiGoが語る - トップ5%の頭いい人たちが好む音楽とは

            0

              JUGEMテーマ:No Music, No Life

              JUGEMテーマ:論文

               

              参考までに。

               

              2019.06.10 Monday

              大阪の空気を

              0

                 

                休憩タイム。

                 

                先日、友人たちと飲みの席の為に向かった心斎橋〜難波の画。

                たまにひとりでも来ますが、この辺ぶらぶらと歩くだけでも気分転換になってよい。

                心斎橋

                時間も限られており、漁盤もなしということで(苦笑)
                声掛けのお姉さまの案内に釣られて2時間1,000円飲み放題のお店で乾杯。楽しいひとときです。
                飲み会難波飲み会

                シメはミナミへ行くとつい寄りたくなる金龍ラーメン。安定の味。
                金龍ラーメン
                 
                2019.06.09 Sunday

                ANGRA初代Voアンドレ・マトス、永遠に・・・

                0

                   

                  ブラジルのヘヴィメタル・バンド、ANGRAの創設メンバーであるアンドレ・マトスが47歳の若さで急逝。突然の悲報にショックです。

                   

                  アンドレ・マトス

                   

                  彼の音楽に最初に触れ、感動したのはVIPERの2ndアルバム『THEATRE OF FATE』でした。そのクラシカルな泣きまくりのサウンドと独特なメロディにどっぷりとハマったものです。

                  脱退したのも束の間、今度は強力なメロディック・パワーメタル ANGRA『ANGELS CRY』でシーンに躍り出た。クラシックとヘヴィメタルの融合で超劇的な楽曲を展開、後世に語り継がれる歴史的名盤。

                   

                  ANGRAを去った後もSHAMANの次にソロ作『TIME TO BE FREE』(07)でキメのメロスピを披露して「これだよこれ!」と、当時大喜びでございました。

                   

                  TOBIAS SAMMET'S AVANTASIAのプロジェクトにも参加し、先日ライヴが行われたばかりなのに・・

                  「R.I.P.」

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:No Music, No Life

                  JUGEMテーマ:HR/HM

                  2019.05.14 Tuesday

                  最近のランチ・タイム

                  0

                    JUGEMテーマ:焼肉

                     

                    たまには食ネタでも。昼間は暑い、夜は微妙に寒いという今日この頃。

                     

                    地元では個人経営の焼肉屋が穴場で夜行くのが好きでしたが、引っ越してからはリーズナブルなランチを狙って有名店へ行くことが多くなっています。

                     

                    タレが旨いかどうかで決めるところですが、健康を考えつつ肉と野菜は定期的に摂っていこうかなと。この辺は食べ放題のランチが安くて便利。

                     

                    じゅうじゅうカルビ

                     

                    2019.05.12 Sunday

                    2019/5/4★大阪 北堀江 club vijon ライヴ・レポート『AZRAEL etc.』総括

                    0

                      JUGEMテーマ:No Music, No Life

                      JUGEMテーマ:ライブレポート

                      JUGEMテーマ:HR/HM

                       

                      世界のメロディック・パワーメタル・ファンの皆様お待たせしました。

                       

                      前回告知したAZRAELの大阪公演の感想を。因みにスペインのAZRAELじゃないですよ、日本のです。知ってるわ!

                       

                      あ、世界の・・ってそんだけ多くこのブログ見てないでしょうけど、たまに海外からのHR/HMファンの問い合わせあるんですよ。CD送ってくれるの?みたいな。あと、バンドからも。

                       

                      ということで、AZRAEL。聴き惚れたのは3rd『SUNRISE IN THE DREAMLAND』から。メタル系は洋楽ばかりチェックしてるんで国産バンドに疎いんですけど、こればかりは当時インパクトありました。

                       

                      一時期解散したのかと思っていたのですが、強力な新作もリリースされて今回のライヴ。メタル友のススメもありちょうど時間あったのでじっくり拝見いたしまいた。Steel Emblem,Minstrelixの後にAZRAELは90分ステージです。

                       

                       

                       

                      会場満員で予定時刻よりオーバーのスタート。最初はSteel Emblemです。

                       

                      一番後ろで立っているだけなのに熱気が凄くで汗がたらたらと。しばしカウンター前に設置されている映像で鑑賞しておりました。いや、このバンド初見ですが凄くいいです。販売ブースにおられたStarless,Aphroditeのヴォーカルの方ともお話ができてうれしょうございました。

                       

                      AZRAELの販売ブースでもメタル友のつてでしばしダベってたんですけど、次はMinstrelixでちょっと強引に右最前列までグイグイとおじゃましての鑑賞。なんか、女性Key奏者に目を奪われまして・・はい、楽曲の感想はないんかいなと突っ込まれそうですが、いいでしょう!

                       

                      この時点で販売ブース内ツーショット含めて写真を何枚かいただきました。公開しちゃっていいのか聞いてなかったのですがまた機会改めて。名刺忘れてたし。

                       

                      左の写真はカウンター内で出会ったインドネシア出身のAZRAELファンの後姿。いろいろと祖国のメタル事情を伺う事ができました。その名もずばりPOWER METALっていうバンドが一番人気あるそうで、日本のメタルのファン層も厚いらしい。彼の友人にIchiっていう方がおられるのですが、AZRAELのカバーをやっていてナイスです。
                      ※下にYouTube貼っときます。

                       

                      さてさて、とても楽しいライブでした!ありがとうございました!!

                       

                      え?AZRAELのネタ・記事ね。また今度!! 嘘です、いや、結構前2バンドが強力で、へとへとになってきてたんですよ。とりあえず、会場内撮影NGじゃなかったんで、遠目のショットだけでも載せときます。

                       

                       

                      AZRAELは全曲最前列で堪能させていただきました。長丁場なので疲れも出るところなのですがあっという間で楽しいステージでした。AKIRA氏のハイトーンVo素晴らしいし、ドコドコの疾走感に悶絶。

                       

                      というわけで本日はこの辺で、ご挨拶できなかった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

                       

                      【番外編】
                      この後、CDコレクターの先輩である上記メタル友の繋がりでAZさんの打ち上げにも参加。AKIRA氏とCD談義で盛り上がりました(笑)終電逃したので同じくその場で出会ったAZRAELのファンの方とともにネットカフェへ向かって一服してから帰りました。

                       

                      【アーティスト関連動画】

                       

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。