2019.10.13 Sunday

BABYMETAL - METAL GALAXY WORLD TOUR LIVE AT THE FORUM

0

    JUGEMテーマ:BABYMETAL

     

    10月11日(金)世界同時発売となったBABYMETALの3rd album「METAL GALAXY」。海外チャート・アクションも上位に入り良好な様子。

     

    『Metal Galaxy World Tour 2019』海外ツアーのオーディエンス映像に感涙

     

    「BABYMETAL」というブランドそのものが素晴らしい。自分がこれまで好んで聴いてきた音楽要素の集大成のようであり、スタイリッシュな衣装とキレのあるパフォーマンス、さらに高解像度の巨大スクリーンが新鮮だ。年々パワーアップしている。

     

    ■アメリカ初のアリーナ公演、ロサンゼルスThe Forum

     

    2019.09.29 Sunday

    メンタリストDaiGoが語る - トップ5%の頭いい人たちが好む音楽とは

    0

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      JUGEMテーマ:論文

       

      参考までに。

       

      2019.06.10 Monday

      大阪の空気を

      0

         

        休憩タイム。

         

        先日、友人たちと飲みの席の為に向かった心斎橋〜難波の画。

        たまにひとりでも来ますが、この辺ぶらぶらと歩くだけでも気分転換になってよい。

        心斎橋

        時間も限られており、漁盤もなしということで(苦笑)
        声掛けのお姉さまの案内に釣られて2時間1,000円飲み放題のお店で乾杯。楽しいひとときです。
        飲み会難波飲み会

        シメはミナミへ行くとつい寄りたくなる金龍ラーメン。安定の味。
        金龍ラーメン
         
        2019.06.09 Sunday

        ANGRA初代Voアンドレ・マトス、永遠に・・・

        0

           

          ブラジルのヘヴィメタル・バンド、ANGRAの創設メンバーであるアンドレ・マトスが47歳の若さで急逝。突然の悲報にショックです。

           

          アンドレ・マトス

           

          彼の音楽に最初に触れ、感動したのはVIPERの2ndアルバム『THEATRE OF FATE』でした。そのクラシカルな泣きまくりのサウンドと独特なメロディにどっぷりとハマったものです。

          脱退したのも束の間、今度は強力なメロディック・パワーメタル ANGRA『ANGELS CRY』でシーンに躍り出た。クラシックとヘヴィメタルの融合で超劇的な楽曲を展開、後世に語り継がれる歴史的名盤。

           

          ANGRAを去った後もSHAMANの次にソロ作『TIME TO BE FREE』(07)でキメのメロスピを披露して「これだよこれ!」と、当時大喜びでございました。

           

          TOBIAS SAMMET'S AVANTASIAのプロジェクトにも参加し、先日ライヴが行われたばかりなのに・・

          「R.I.P.」

           

           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

          JUGEMテーマ:HR/HM

          2019.05.14 Tuesday

          最近のランチ・タイム

          0

            JUGEMテーマ:焼肉

             

            たまには食ネタでも。昼間は暑い、夜は微妙に寒いという今日この頃。

             

            地元では個人経営の焼肉屋が穴場で夜行くのが好きでしたが、引っ越してからはリーズナブルなランチを狙って有名店へ行くことが多くなっています。

             

            タレが旨いかどうかで決めるところですが、健康を考えつつ肉と野菜は定期的に摂っていこうかなと。この辺は食べ放題のランチが安くて便利。

             

            じゅうじゅうカルビ

             

            2019.05.12 Sunday

            2019/5/4★大阪 北堀江 club vijon ライヴ・レポート『AZRAEL etc.』総括

            0

              JUGEMテーマ:No Music, No Life

              JUGEMテーマ:ライブレポート

              JUGEMテーマ:HR/HM

               

              世界のメロディック・パワーメタル・ファンの皆様お待たせしました。

               

              前回告知したAZRAELの大阪公演の感想を。因みにスペインのAZRAELじゃないですよ、日本のです。知ってるわ!

               

              あ、世界の・・ってそんだけ多くこのブログ見てないでしょうけど、たまに海外からのHR/HMファンの問い合わせあるんですよ。CD送ってくれるの?みたいな。あと、バンドからも。

               

              ということで、AZRAEL。聴き惚れたのは3rd『SUNRISE IN THE DREAMLAND』から。メタル系は洋楽ばかりチェックしてるんで国産バンドに疎いんですけど、こればかりは当時インパクトありました。

               

              一時期解散したのかと思っていたのですが、強力な新作もリリースされて今回のライヴ。メタル友のススメもありちょうど時間あったのでじっくり拝見いたしまいた。Steel Emblem,Minstrelixの後にAZRAELは90分ステージです。

               

               

               

              会場満員で予定時刻よりオーバーのスタート。最初はSteel Emblemです。

               

              一番後ろで立っているだけなのに熱気が凄くで汗がたらたらと。しばしカウンター前に設置されている映像で鑑賞しておりました。いや、このバンド初見ですが凄くいいです。販売ブースにおられたStarless,Aphroditeのヴォーカルの方ともお話ができてうれしょうございました。

               

              AZRAELの販売ブースでもメタル友のつてでしばしダベってたんですけど、次はMinstrelixでちょっと強引に右最前列までグイグイとおじゃましての鑑賞。なんか、女性Key奏者に目を奪われまして・・はい、楽曲の感想はないんかいなと突っ込まれそうですが、いいでしょう!

               

              この時点で販売ブース内ツーショット含めて写真を何枚かいただきました。公開しちゃっていいのか聞いてなかったのですがまた機会改めて。名刺忘れてたし。

               

              左の写真はカウンター内で出会ったインドネシア出身のAZRAELファンの後姿。いろいろと祖国のメタル事情を伺う事ができました。その名もずばりPOWER METALっていうバンドが一番人気あるそうで、日本のメタルのファン層も厚いらしい。彼の友人にIchiっていう方がおられるのですが、AZRAELのカバーをやっていてナイスです。
              ※下にYouTube貼っときます。

               

              さてさて、とても楽しいライブでした!ありがとうございました!!

               

              え?AZRAELのネタ・記事ね。また今度!! 嘘です、いや、結構前2バンドが強力で、へとへとになってきてたんですよ。とりあえず、会場内撮影NGじゃなかったんで、遠目のショットだけでも載せときます。

               

               

              AZRAELは全曲最前列で堪能させていただきました。長丁場なので疲れも出るところなのですがあっという間で楽しいステージでした。AKIRA氏のハイトーンVo素晴らしいし、ドコドコの疾走感に悶絶。

               

              というわけで本日はこの辺で、ご挨拶できなかった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

               

              【番外編】
              この後、CDコレクターの先輩である上記メタル友の繋がりでAZさんの打ち上げにも参加。AKIRA氏とCD談義で盛り上がりました(笑)終電逃したので同じくその場で出会ったAZRAELのファンの方とともにネットカフェへ向かって一服してから帰りました。

               

              【アーティスト関連動画】

               

               

               

              2019.05.05 Sunday

              GWにライヴ一本

              0

                JUGEMテーマ:No Music, No Life

                JUGEMテーマ:HR/HM

                 

                昨晩は国産メロディック・パワーメタル・バンド、AZRAELの大阪公演を見に行っておりました。

                ライヴ・レポートは後程!
                2019.05.01 Wednesday

                令和になりました〜平成元年アーティスト売上をちょいと

                0

                  JUGEMテーマ:J-POP

                  JUGEMテーマ:No Music, No Life

                   

                   

                  日本で活躍したアーティストの年間売上TOP10(ウィキペディアより引用)

                   

                  昨年(2018年)と平成元年(1989年)を比較。

                   

                  【2018年】
                  1位 安室奈美恵/190.0億円
                  2位 乃木坂46/103.3億円
                  3位 AKB48/77.9億円
                  4位 嵐/67.1億円
                  5位 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE/58.3億円
                  6位 BTS (防弾少年団)/52.7億円
                  7位 Kis-My-Ft2/46.4億円
                  8位 関ジャニ∞/43.9億円
                  9位 Hey! Say! JUMP/43.3億円
                  10位 欅坂46/41.0億円

                   

                  【1989年】
                  1位 松任谷由実/56.5億円
                  2位 工藤静香/54.3億円
                  3位 美空ひばり/53.9億円
                  4位 プリンセス・プリンセス/50.5億円
                  5位 TM NETWORK/49.5億円
                  6位 久保田利伸/44.8億円
                  7位 中森明菜/44.3億円
                  8位 光GENJI/43.2億円
                  9位 Wink/42.5億円
                  10位 長渕剛/42.1億円

                   

                  Epicソニーの洗礼を受け、当時はバンド・ブームでしたが・・TMとプリプリ凄いな!ということで、以上。

                  2019.04.30 Tuesday

                  平成元年1989年のJ−POPを振り返る

                  0

                    JUGEMテーマ:No Music, No Life

                    JUGEMテーマ:80年代、90年代ロック、ポップス

                    JUGEMテーマ:J-POP

                     

                    さて、平成最終日、ここで平成元年のJ−POPを振り返ってみようかと思います。そう、時代はベルリンの壁の崩壊、天安門事件、冷戦の終結と大きなニュースも流れていました。

                     

                    まぁ、子供の頃は目の前の事だけで面白おかしく過ごしていたな〜と。ハードロックがビルボードの上位にバンバン入っていた頃ですが、あえて洋楽はさけて邦楽を取り上げます(笑)オリコン年間シングル・チャートを参考によく聴いていた楽曲を。

                     

                    外部リンク:1989年の音楽(Wikipedia)

                     

                     

                    最初はプリプリの『世界でいちばん熱い夏』。彼女たちの楽曲の中で一番好きだ。

                    オリコン年間シングルチャート2位

                     

                    長渕剛『とんぼ』。よく口ずさんでいたな〜・・当時ドラマも見ていた。
                    オリコン年間シングルチャート3位

                     

                    Wink『淋しい熱帯魚』。洋楽カバーではなくオリジナルでよい曲をだしたな〜と。
                    オリコン年間シングルチャート7位

                     

                    浜田麻里『Return to Myself』。当時「脱ヘヴィメタル宣言」はしていなかったようですが、
                    こういうハードポップ路線も大好きです。オリコン年間シングルチャート15位

                     

                    男闘呼組『TIMEZONE』。彼らはハードロック路線のメロディアスでカッコイイ曲が多かった。
                    オリコン年間シングルチャート16位

                     

                    ZIGGY『GLORIA』。オリコン年間シングルチャート19位
                    ドラマ『同・級・生』の主題歌に起用され、二度目のシングル・カットで89年にヒットした。

                     

                    田原俊彦『ごめんよ涙』。ドラマ『教師びんびん物語II』の主題歌。
                    ドラマも最高だった。オリコン年間シングルチャート23位

                     

                    TM NETWORK『DIVE INTO YOUR BODY』。絶頂期。
                    PWLのピート・ハモンドがミックスを担当していた。オリコン年間シングルチャート24位

                     

                    渡辺美里『ムーンライトダンス』。TM繋がりで美里の絶頂期。
                    オリコン年間シングルチャート45位

                     

                    こんな感じです。順位に入ってても88年リリースのシングルは外しました。バンド・ブームだったのであれやこれやと他にもたくさんございますが、知名度の高いもの、思い出のある曲だけをピックアップ。

                     

                    では別の年のもまたの機会に!

                     

                     

                    2019.04.23 Tuesday

                    何も残らないSNS、ストックとして残るブログ〜どっちがいい?

                    0

                      JUGEMテーマ:ネットショップ

                      JUGEMテーマ:SNSの楽しみ方

                      JUGEMテーマ:ソーシャル・メディア

                       

                       

                      ■外部リンク:フローとして何も残らないSNS。ストックとして残るブログの違い

                       

                      スマホの普及と共に広まったFacebookやTwitterなどの新しいSNSと、昔からあるブログ、どっちがいいの?

                       

                      これをここで語るのもどうかなと・・。いや、いいでしょ。

                       

                      今の時代、前者のSNS(シェア)をどんどんやるべきで、ブログはたまに更新・・というのもありかなと思う反面、ブログのほうを重要視する意見にも賛成。いや、最近私も同じようなことを考えていた。

                       

                      Facebook,Twitterは一時的なフローであり、過去の記事(ネタ)はもう残らない。けどブログなら着実に残っていく。

                       

                      個人の楽しみとビジネスとで大きな違いは出てきますが、両方をいかにうまく使い分けていくのがポイントとなるだろう。

                       

                      グーグル検索トラフィックの減少如何が話題になっている今こそ、逆にブログ活用に重きをなすと。

                       

                      考えもんやね。

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。