2019.01.13 Sunday

AOR/ハードポップ - ゲイリー・ヒューズ/GARY HUGHES(ショップ商品紹介)

0


    TENのヴォーカリスト、ゲイリー・ヒューズによる若き日のソロ・アルバム。ゼロ・コーポからリリースされた93年国内廃盤帯付。

    ハードロックがベースのギター・サウンドを導入しつつ、TENよりもAOR寄りのメロウでアダルトなラブ・ソングの数々。

    しんみり歌い上げる哀愁バラード『I WON'T BREAK YOUR HEART』、ハードポップ調の『IN MUST BE LOVE』、エッジの効いた『THIS THING OF BEAUTY』『NOW OR NEVER』、アップテンポの『SUNSPENDERED ANIMATION』などTENへの布石となる楽曲が収録されています。



    JUGEMテーマ:HR/HM

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    2019.01.07 Monday

    80S産業ロック - サバイバー/ザ・ファイネスト・セレクション(ショップ商品紹介)

    0


      ジミ・ジェイミソンの歌声聴いてると泣けてくるものがある。99年にリリースされたサバイバーのセレクション・アルバム(国内廃盤)です。

      BURRN!の藤木氏による選曲で、ヒット曲だけでなくその裏に隠れたキャッチーなナンバーを収録しているのがポイント。清涼感のあるジャケット・デザインもよい。

      改めて、アルバム『VITAL SIGNS』『WHEN SECONDS COUNT』の偉大さを感じる❤














      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      2018.12.23 Sunday

      オランダのハードポップ - テラ・ノヴァ/ベスト・オブ・プラス・ファイヴ(ショップ商品紹介)

      0

         

        JOURNEYに通じる爽快なハードポップ・サウンドで鮮烈のデビューを果たしたテラ・ノヴァの未発表曲含むベスト・アルバム。

         

        このベストはそれぞれ音圧が異なるアルバムからの楽曲を、同列で聴けるというのがおいしいところ。 選曲もナイスなチョイスで、ノリの良い『BREAK AWAY』『LIVIN' IT UP』『LOVE SICK』、キャッチーな『HEY BABE』『RIGHT NOW』が連続で入っているという絶妙な流れです。

         

         

        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        2018.12.05 Wednesday

        英国産ハードポップ - シャイ/アンフィニッシュド・ビジネス(ショップ商品紹介)

        0

           

          故スティーヴ・ハリス(G)率いる英国産メロディアス・ハード、SHYによる再結成第一弾となった7thアルバム。

           

          87年リリースの『EXCESS ALL AREAS』が彼らの代表作といえますが、「その次にこれいいんじゃないの?」と思えるほど当時は歓喜したものです。

           

          オープニングのJOURNEYした『SKYDIVING』から新たな名曲となったスリリングな『BREAKAWAY』。これだけでこのアルバムは倏磴”なのだ。バラード『STORYLINE』の泣きっぷりもナイス。

           

           

           

          JUGEMテーマ:HR/HM

          2018.12.02 Sunday

          80Sメロディック・ロック名盤 - アイ・テン/テイキング・ア・コールド・ルック(ショップ商品紹介)

          0

             

             


            アイ・テン。目が点?いやいや、これが錚々たる面子が参加している超名作なのだ。

            キース・オルセンとスティーヴ・ルカサーがプロデュース、83年にリリースされた唯一のアルバム。

            AORで語られることが多い気がしますが、結構ギター・サウンドがでかいです。ソロの主張が激しい(笑)別のプロデューサーが関わっていれば、もっと小奇麗なAORになっていたかも。

            ちょいと地味で時代を感じさせるものの、トム・ケリー&ビリー・スタインバーグというヒット曲を連発したソングライター・チームがつくり出したブツだけに耳馴染の良いメロディック・ロックが揃っています。

            後にハートが歌い全米No.1を獲得した『ALONE』、REOスピードワゴンの『I DON'T WANT TO LOSE YOU』のオリジナルも収録されている。


             

             

             

            JUGEMテーマ:80年代、90年代ロック、ポップス

             

             

            2018.09.29 Saturday

            80年代型ハードポップ - イントルーダー/デンジャラス・ナイツ(ショップ商品紹介)

            0


              たま〜に引っ張り出しては聴きたくなる作品。

              BON JOVIの名曲『RUNAWAY』の作曲クレジットにあったG・カラックを中心としたメロディアス・ハードロック・バンド、イントルーダーの1stアルバム国内廃盤帯付。2ndも出てたけどこっちのほうが音がよいね。

              マイルドなヴォーカル・メロディ、叙情的で快活なハードポップが満載。これほど良い曲を書くのに表に出てこないのが惜しいというか、もっとメジャーに進出してもおかしくはないほどに素晴らしいセンスだなと。

              ガツッと鷲掴みの煌びやかな『HEARTS ON THE LOOSE』から躍動感のあるメロウな『YESTERDAY'S GONE』、キャッチーな『SUPRISE ATTACK』『SURRENDER YOUR HEART』、哀愁バラード『ONLY MAKE BELIEVE』、さりげない様で存在感のあるキラキラした『LOVE EMERGENCY』『DANGEROUS NIGHTS』など粒揃いの楽曲が楽しめる。



              JUGEMテーマ:HR/HM



              2018.07.19 Thursday

              ジョン・ウォーレン/プライベート・モーション(ショップ商品紹介)

              0


                パイオニア プライベートA5CFソング『プライベート・モーション』を収録したジョン・ウォーレンの2ndアルバム、プチレア国内廃盤帯付。当時はこのCMを見てシングルなりアルバムを探しまくった方もおられるのではなかろうかと。私は見てなかった(覚えていない)けど。

                激しめのロックはそれぐらいで、心地よいミディアム・ハードポップ『アウェイ・ソー・ロング』以外はAOR路線です。

                80年代のケニー・ロギンスとか、リチャード・マークスあたりが好きならオススメ。







                JUGEMテーマ:HR/HM


                JUGEMテーマ:No Music, No Life




                2018.02.12 Monday

                80Sメロディック・ロック/AORハード - THE LADDER(ショップ商品紹介)

                0


                  プロデューサーのルー・パレンテとジョー(Key)を中心に結成されたUSメロディック・ロック・グループ THE LADDER(86年作)の唯一のアルバム。当時ATLANTICからリリースされた一級品ですが、今となっては無名のプロジェクトですね。

                  メンバーのひとり、ジョー・フランコ(Ds)がVINNIE MOORE,DORO,BARRY MANILOW,FIONA,TAYLOR DAYNEなどポップスからメタルまで幅広く活躍しており有名かもしれません。

                  隠れ名盤的な作品でしょうか、内容は流石に優れたAORハード。煌びやかなキーボードに艶のあるヴォーカル・メロディ、適度にハードロッキンなギターと80年代ど真中のサウンドが楽しめます。

                  デジタル・ポップな『DAYDREAMS AT NIGHT』、都会派AOR『DOUBLE SHOT OF LOVE』、コーラスが効いた産業ロック『TIME SOLDIER』。ラストを飾る哀愁の『DANCING IN THE DARK』までコンパクトにまとまった楽曲を展開。






                  2018.02.08 Thursday

                  80年代型哀愁ハードポップ - ハーラン・ケージ/HARLAN CAGE(ショップ商品紹介)

                  0


                    寒い時期や夜の高速道路でBGMとして雰囲気バッチリなハーラン・ケージの1st。たまに引っ張り出しては聴きたくなる作品。僕は当時、ラジオで初めて『PAY THE DEVIL HIS DUE』を聴いてCDを探した。

                    80年代に映画『トップガン』や『オーバー・ザ・トップ』のサントラにも参加していた元FORTUNEのラリー・グリーン(Vo)とロジャー・スコット・クレイグ(Key)がタッグを組んでリリース。最近はすっかりご無沙汰なのですが、2000年に入るまでコンスタントに良質な作品をリリースし続けていた。

                    80年代のアーティストの多くが音楽性が変わる中で、まったくブレずに独特なハードポップを展開しその叙情的なメロディにやられたものです。




                    JUGEMテーマ:HR/HM



                    2018.01.23 Tuesday

                    US極上メロディック・ロック - FROM THE FIRE/Thirty Days And Dirty Nights(ショップ商品紹介)

                    0

                       

                      FROM THE FIRE!!曲名じゃなくてバンド名。これは国内盤も出てるし、ハードポップ/メロディック・ロック・ファンの間では割と有名なタイトル。

                      CROWN OF THORNSのジョン・ボヴワーがプロデュースしており、そこから探し出した方もおられるでしょう。キーボードにDORO,RAINBOWで活躍したポール・モリスの名がクレジットされている。

                      SURVIVORとかFM,SIGNAL,STAN BUSH,TALK OF THE TOWN,NEWMANあたりに通じる分かりやすい産業ロック・タイプで、リードトラック『Hold On』にバラード『Take My Heart』、キャッチーな『Spark And Flame』など流石やねと思わせる出来映え。

                       

                       




                      JUGEMテーマ:HR/HM

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。