2019.10.29 Tuesday

メロディック・ロック勢集結 - AOR/THE HEART OF L.A(ショップ商品紹介)

0

     

     

    プロのジャーナリストとして活躍していたAORマニア、フレデリック・スラマによるメロディック・ロック・プロジェクトの2017年ベスト・アルバム。

    トミー・デナンダーとの共同作業で、ポール・サブ―、ファーギー・フレデリクセン(TOTO)、ケヴィン・チャルファント(THE STORM、TWO FIRES)、ジェフ・スコット・ソート(TALISMAN, W.E.T)、ビル・チャンプリン(CHICAGO)、、ジム・ジッドヘッド(ALIEN)等、豪華ゲスト陣が参加。

    各楽曲ごとにヴォーカルが違うので毎回コンピ盤のようなものですが、リマスターが施されて女性Voの未発表曲収録というのがポイント。それでジャケ買いしましょうというやつです(笑)


     

    JUGEMテーマ:お勧めCD・DVD全般

    2019.10.24 Thursday

    シカゴ発爽快ハードポップ - 7th HEAVEN/Luminous(ショップ商品紹介)

    0


      地元シカゴでは大人気のハードポップ/メロディック・ロック・バンド、7th HEAVENによる17年作。煌びやかな80Sスタイルのハードポップにモダン・パワーポップが融合したかのメインストリーム・サウンド。

      初期のアメリカン・ハードロック色は希薄になりましたが、ポップ&キャッチ―なメロディセンスは流石です。何故にそこまでゴキゲンなんですかと言いたくなるほどに明快・爽快なコーラスが効いている。






      2019.10.19 Saturday

      カナダの80Sスタイル産業ロック - トータル・ストレンジャー/TOTAL STRANGER(ショップ商品紹介)

      0


        カナダのKey含む5人組メロディアス・ハードロック・バンド、TOTAL STRANGERの1stアルバム国内廃盤帯付。

        当時エイベックスからも良質なハードポップがたくさんリリースされていましたが、これもそのひとつ。VON GROOVEのマシュー・ジェラードが共同プロデュースで参加。

        1曲目の『PARADISE』からさっそくインパクトがあり、後半の『THE MASK』も産業ロックしたカッコイイ楽曲だ。








        2019.10.18 Friday

        US哀愁ハードポップ - ヴァン・ザント/VAN ZANT(ショップ商品紹介)

        0


          ポイントは「大都会における夜景」。

          後にLYNYRD SKYNYRDに加入するジョニー・ヴァン・ザントですが、サザン・ロック臭皆無のハードポップを披露した85年発表の『VAN ZANT』。

          エッジの効いた『MIDNIGHT SENSATION』から哀愁の『SHE'S OUT WITH A GUN』『YOU'VE GOT TO BELIEVE IN LOVE』へ。壮麗なハードポップ『2 + 2』はさりげなく中盤効果的。

          当時のSURVIVORに通じるキーボードが効果的な産業ロック路線で、捨て曲もなく粒揃い。








          2019.10.09 Wednesday

          NY発80Sスタイルのメロディック・ロック - MAGIC DANCE/VANISHINGS(ショップ商品紹介)

          0


            メロディック・ロック・マニアのハートをがっつり掴んだNY出身のシンガー・ソングライター、ジョン・シーカによるプロジェクト「マジック・ダンス」の2ndアルバム自主制作盤。

            今年再発もされましたが、こちら16年初回盤です。売り手によっては随分高値になっている一品。

            前作よりもロック色が強くなり、HR/HMが好きな方にもフィットするサウンドになっているのではないかと。爽快で心地よいマイルドなナンバーにとろけそうになる。










            2019.10.08 Tuesday

            NY発80Sスタイルのシンセ・ポップロック - MAGIC DANCE/THE MIRROR OF DREAMS(ショップ商品紹介)

            0


              シンガー・ソングライターのジョン・シーカにより12年にNYで立ち上げられたソロ・プロジェクト、マジック・ダンスの1stフル・アルバム自主制作盤。メロハー・ファンの間で話題騒然、80年代型のレトロ・サウンドを志向している。

              哀愁メロディック・ロックの傑作となった3rdアルバム『New Eyes』('18)でめでたく本邦デビューとなりましたが、この頃は青春映画のサントラを彷彿とさせるシンセ・ポップ路線でした。

              メロハー色は薄めのロマンティックな作風となっております。









              2019.09.30 Monday

              ジャーマン・メロハー - DARK SKY/BELIEVE IT(ショップ商品紹介)

              0


                80年代から活躍するドイツのメロディアス・ハードロック・バンド、ダーク・スカイのデビュー・アルバム。

                2nd『EDGE OF TIME』も高品質なハードポップの傑作でしたが、本作の1曲目『ROCK ME』のインパクトが絶大。北欧メタル風のアレンジで、当時は「EUROPEの次に来たな」なんて思ったものです。国内盤も出た3rdからBON JOVIやBONFIREあたりに通じるより明快で大衆的なサウンドになり、強靭さが増した。

                哀愁美溢れる良質な楽曲ばかり収録されており、キーボードが効いた80年代型ハードポップ・ファンにはたまらない一枚だ。






                JUGEMテーマ:HR/HM
                2019.09.21 Saturday

                ギリシャ産哀愁ハードポップ - Farraday/SHADE OF LOVE(ショップ商品紹介)

                0


                  あ、JOHNNY LIMAに似てる!と懐かしさに襲われたギリシャの二人組メロディアス・ハード「Farraday」による1stアルバム。まさにBON JOVIの2ndの頃まで魅了された哀愁ハードポップ・ファンにマスト・アイテム。

                  キラキラのキーボードにじわじわと染み入る甘美なヴォーカル・メロディが特徴的。そこはかと都会の空気を醸し出しており、AOR好きにもオススメ。









                  JUGEMテーマ:HR/HM



                  2019.09.10 Tuesday

                  買うならNOWでしょ!!80年代型ポップ・ロック - FIRE TIGER/Energy.(ショップ商品紹介)

                  0



                    ボニー・タイラー、パット・ベネター、ローラ・ブラ二ガン・・80年代を彩った女性Voポップ・ロック・サウンドを現代に蘇らせたLAのハードポップ・バンド「FIRE TIGER」のデビュー・アルバム。

                    迷いなく80年代ど真ん中のサウンドを披露しているのがいい。音源だけ聴くとまるであの時代に録音されたテープの掘り起こしかと勘違いしてしまいそうな勢い。

                    今、日本のサイトで購入できないな・・とお悩みの方は即買いです。









                    2019.09.07 Saturday

                    トレヴァー・ラビン/キャント・ルック・アウェイ(ショップ商品紹介)

                    0

                       


                      トラヴァー・ラビンが中心となったYESの『BIG GENERATOR』発表後にリリースされたソロ・アルバム(89年作)旧規格国内廃盤帯付。まさに『BIG GENERATOR』の延長線上にある作品で、ポップなナンバーを展開。

                      メロディック・ロックとしては物足りなさがあるが、ボブ・エズリン(PINK FLOYD,ALICE COOPER,KISS)のほどよいプロデュースで80Sハードロックの典型的なサウンドが楽しめる。

                      いきなり大作のタイトル曲、この爽快感に空間構築美はJOURNEYのニール・ショーンにも似た感触。『PROMISES』『I DON'T THINK  IT WOULD LAST』『HOLD ON TO ME』はコーラスが心地よくキャッチ―。

                      後に『コン・エアー』『アルマゲドン』『ナショナル・トレジャー』など映画音楽に転身した彼ですが、終盤の『I MISS YOU NOW』『THE CAPE』でその片鱗を狭間見ることができるのも面白い。

                       

                       

                      JUGEMテーマ:HR/HM









                       

                       

                       

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。