2020.02.05 Wednesday

80SスタイルUSハードポップ - MESSAGE/OUTSIDE LOOKING IN(ショップ商品紹介)

0


    叙情プログレ・ハードポップ・バンド『PROPHET』に在籍していたシンガー、ディーン・ファザーノ率いるメロハー・プロジェクトの3作目になる作品。PROPHETはDANGER DANGERのテッド・ポーリーがドラムとして在籍していたことでも知られます。

    BON JOVI人脈で有名なMESSAGEですが、ディーン・ファザーノのメロディック・ロックにおける職人ぶりは類稀なるものでその作品数が非常に少ないのが残念だ。

    前作を踏襲した本作ですが、ESCAPE MUSIC繋がりでHEARTLANDのスティーヴ・モリスがプロデュース。キーボードはCHANGE OF HEARTのメンバーが担当しています。

    軽快なオープニング『LOVE COMES IN IT'S OWN SWEET TIME』、続くタイトル曲『OUTSIDE LOOKING IN』がキラーチューンで全編を引っ張っている印象の作品。




    JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜

    JUGEMテーマ:No Music, No Life



    2020.02.05 Wednesday

    80SスタイルUSハードポップ - MESSAGE/FINE LINE(ショップ商品紹介)

    0


      80年代に叙情ハードポップ・バンド『PROPHET』に在籍していたディーン・ファザーノ(Vo)率いるMESSAGEの2作目になるアルバム。BONJOVIのリッチー・サンボラ(G)とアレック・ジョン・サッチ(B)がかつて在籍していたメロディアス・ハードロック・バンドです。

      元FOREIGNERのアル・グリーンウッドのペンによる産業ロック『GIVE YOU MY LOVIN』で始まり、『SAID & DONE』はメロディアスな冒頭のハイライト。

      軽快なハードポップ『JEALOUS HEART』、アルド・ノヴァ作の哀愁バラード『BURN LIKE THE SUN』と頭数曲で手応えバッチリだ。

      デイヴ・ローゼンタールの『SECRETS』『THINK OF ME』も良い。ディーン・ファザーノ本人作曲の『FALLEN ANGEL』『FINE LINE』は特有の80年代ロック。『FIELDS OF FIRE』はBON JOVIのカバー曲です。

      洗練されたサウンドが心地よい名プレイヤーが集った作品。






      JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜

      ¥

      JUGEMテーマ:No Music, No Life



      2020.02.03 Monday

      哀愁ハードポップ - THE BRYAN HUGHES GROUP/BREAK THE RULES(ショップ商品紹介)

      0


        80年代に活躍していたハードポップ・バンド「BEAU GESTE」のブライアン・ヒューズ(Vo/G)が結成したメロディアス・ハードロック・バンドの1stアルバム。

        透明感のある哀愁バリバリ(死語)のハードポップ/産業ロックが揃った捨て曲ほとんどなしの一枚。FORTUNEあたり好きなら即買いです。




        JUGEMテーマ:HR/HM



        2020.01.27 Monday

        北欧ハードポップ - HOUSTON/ST(ショップ商品紹介)

        0


          これを取り出したのは・・8年ぶり。ちょっと懐かしい。

          フレディ・アレン(Ds)とハンプス・ハンク・エリックス(Vo)によるユニット「HOUSTON」の1stアルバム。

          バックに必殺仕事人トミー・デナンダー(G)とマッツ・オラウソン(Key)、トーマス・ヴィクストロム(Vo)が参加。

          アメリカン・プログレ・ハード風味のロマンティックな哀愁ハードポップです。

          〜今宵も80年代へタイムスリップ。







          JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜



          2020.01.22 Wednesday

          北アイルランド発メロハー - NO HOT ASHES/ST(ショップ商品紹介)

          0

             

             


            北アイルランドのメロディアス・ハードロック・バンド NO HOT ASHESの1stアルバム。

            88年にデビューするはずが未発表に終わってしまったという無名バンド。2013年に再結成し初のアルバムをリリースした。

            ブリティッシュ・ロックたるブルージーな『Come Alive』からロックンロール調の『Good To Look Back』、軽快な『Satisfied』。

            前半の掴みは弱いが、『Boulders』以降はFrontiers印のメロハーが続きます。




             

             

             

             

            JUGEMテーマ:HR/HM

             

             

             

             

             

            2020.01.13 Monday

            北欧メロディック・ロック - PEO/LOOK WHAT I'VE STARTED(ショップ商品紹介)

            0


              弱視というハンデを負いながらもPEOが95年に発表した名作のオリジナル・ジャケット盤。

              リードトラック『COULD THIS BE LOVE』から『TWO STRONG ARMS』『GOOD SOUL COMPANION』が強力!





              JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜



              2020.01.12 Sunday

              ベルギー産メロハー - FROZEN RAIN/ST(ショップ商品紹介)

              0


                ベルギー出身のメロディ・メーカー、カート・ヴェリーク(Key,Vo)率いるメロディック・ロック・プロジェクトの1stアルバム。

                JOURNEY、VAN HALEN、BON JOVIなど80年代のハードポップを継承する清涼感溢れるKeyアレンジ、曲を盛り立てる適度なギター・サウンドが特徴的。






                JUGEMテーマ:HR/HM



                2020.01.09 Thursday

                サブウェイ/ライト・オブ・ザ・ナイト(ショップ商品紹介)

                0


                  ドイツのメロディアス・ハードロック・バンド SUBWAYによる2ndのタイトル『Hold On To Your Dreams』を変更しての本邦デビュー作。

                  2010年の5th『Lola's Theme』からご無沙汰のアーティストですが、オリジナル・メンバー不在で音楽性も変わってしまった為に事実上の解散という認識。やはり本作が一番素晴らしい。

                  分厚いコーラスワーク、サックスをフィーチュアした勢いのある産業ロックが楽しめる一級品。






                  JUGEMテーマ:HR/HM

                  JUGEMテーマ:〜*好きな曲*〜



                  2020.01.08 Wednesday

                  オズ・オスカル率いる北欧ハードポップ - EYE/2 HEARTS(ショップ商品紹介)

                  0


                    昨年本邦デビューを果たしたスウェーデンの4人組バンド、PRETTY WILDのイヴァン・ホグランド(Vo)が在籍していたハードポップ・バンド「EYE」によるデビューEP。

                    スウェーデンの正統派メタル・バンド、KATANA のギタリストだったオズ・オスカル(OSUKARU)によるプロデュースでSHYなどに通じる80Sスタイルのメロディアスなハードポップを展開。

                    荒削りなところもありますが、溌剌としたサウンドが嬉しい。








                    2020.01.02 Thursday

                    80Sジャーマン・ハードポップ - JOJO/ST(ショップ商品紹介)

                    0



                      前身バンドTOKYO分裂後、スタートを切ったハードポップ・バンド「JOJO」による88年発表の唯一の作品。

                      ROKOのロコ・コールマイヤーが在籍していたバンドということで知りましたが、ブレインになっているのはTOKYOのロビー・ミューゼンビヒラー。ヴォーカルはゲオルグ・リストで、曲によってロコとツイン・ヴォーカル体制。

                      80年代ど真ん中のTOTOやRICK SPRINGFIELD,GLEN BURTNICKなど、アメリカン産業ロック/AORハードを彷彿とさせるスタイリッシュ且つポップなサウンド。サポート含めてキャリアのあるメンバーが勢ぞろいしており、さすがの貫録で魅せる作品です。

                      一時期レア盤として高額で取引され、コピーされたコレクターズCDも出回っていましたが、Yesterrockがきっちりボーナス入り&リマスターで再発に踏み切ってくれたのだった。







                      JUGEMテーマ:HR/HM



                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。