2014.03.09 Sunday

NEW DAWN FOUNDATION/MOMENT OF CLARITY(ショップ商品紹介)

0


    TO/DIE/FORのメンバーが在籍していたことでも話題だったフィンランド出身のゴシック系ロック・バンドによる06年発表作。ややレア化(?)しているようなので今がお買い得かもしれません。

    メロディ・ラインがTO/DIE/FORに通じるものがあり、エッジが効いていてサウンドのつくりもしっかりしているので一連のフィニッシュ・メタルが好きならいけるでしょう。

    アップテンポの?『LAST NIGHT』?『NO FATE INSIDE』、哀愁ミドル?『WRAPPED IN PLASTIC』?『BLACKENED HEARTS』?『APOLOGY』、エレクトロな静寂の?『ALL LIFE IS LOSING』とキメキメのメランコリー・メタルが楽しめる一品です。


    2014.01.22 Wednesday

    トゥ / ダイ / フォー / ジェイデッド(ショップ商品紹介)

    0


      メタル大国フィンランド出身のメランコリー・ゴシックメタル・バンド、TO/DIE/FORの3rdアルバム『JADED』。このアルバムも廃盤となってしまいましたが、内容は本当に素晴らしくメロディアス&キャッチーな楽曲ばかり。

      彼らのアルバムはほとんど買って損はないと思いますが、絶妙なポップ・センスで魅せた本作はCUTTING CREWのカバー曲がリード・トラックとして存在しており、まずはインパクトあります。

      もちろん他の楽曲も申し分なく北欧特有の哀愁が効いており、ほとんど捨て曲はないといえるでしょう。ポップなんだけどメタルのエッジもあり軟弱な印象なし。

      KING DIAMONDのカバー曲が?に収録されているのも面白いです。


      このアルバム自体のPVはないのか・・・
      2014.01.19 Sunday

      ザ・ラスマス/ブラック・ローゼズ〜スペシャル・エディション(ショップ商品紹介)

      0


        フィンランドを代表する人気ロックバンド、ザ・ラスマスの7thアルバムとなる『BLACK ROSES』。

        ヨーロッパでは絶大な人気を誇りますが、日本ではいまいち知名度が低いのか、サウンドがフィットしないのか、盛り上がりに欠ける気がしないでもないです。本作以前のもので帯なしとかの状態による中古なら結構な安値で入手できますし、気軽に聴ける作品が多々あるのですが。

        基本ハズレのない作品ばかりで、本作は凄腕プロデューサーのデズモンド・チャイルドを起用したことでも話題になりました。デズモント本人が彼らのファンで連絡してきたらしく、バンドにとっても嬉しいコラボであったに違いないでしょう。

        リズミックでポップなところとかデズモンドらしいアレンジかもしれません。いや、元々そういうサウンドだったかも。冬景色を想起させるかのひたすら哀愁に満ちた世界観は変わらず普遍的で、ラスマス節健在の一枚となりました。捨て曲もほとんどないです。

        メロディアス・ハードとかメランコリー・ロックとかゴシック・ロックとかいろいろ言える音楽性ですが、ひとつのカテゴリーに当てはまらないロック・バンドです。ポップス、オルタナ志向の方もいけるサウンドだと思うのですが、そこが拡散して固定したリスナーを獲得しにくいのかな、と思ったりもします。特に日本では。

        BACKSTREET BOYSっぽいポップさもあり、とっつきやすいです。


        2013.07.01 Monday

        ラクーナ・コイル/シャロウ・ライフ(ショップ商品紹介)

        0


          イタリア出身の男女ツイン・ヴォーカルによるゴシック系メタル・バンド、ラク―ナ・コイルによる5thアルバム。

          プロデューサーにドン・ギルモアを迎え、アメリカを意識したモダンなへヴィロック・スタイルのサウンドを展開。

          へヴィロックとはいえ、彼ららしいメランコリックなゴシックメタルを踏襲した無理のない新機軸のロックで、昔ながらのファンとさらに新しいファンを獲得するであろうキャッチーな仕上がり。

          繊細なヴォーカルが響くメロウな?『NOT ENOUGH』、リフがカッコイイ?『I'M NOT AFRAID』、明快なサビの?『I LIKE IT』、キャッチーな?『SPELLBOUND』、ピアノで綴る?『WIDE AWAKE』等前14曲収録。

          2013.04.06 Saturday

          アモルフィス/ザ・ビギニング・オブ・タイムズ(ショップ商品紹介)

          0


            フィンランドが誇るメランコリック・メタル・バンド、AMORPHISの10作目になるアルバム。

            フィンランドに古くから伝わる叙事詩をテーマにした作品を発表し続けていますが、そんなことはさておきとにかく音楽性が素晴らしい。

            キャッチーで煽情的なメロディ、疾走感、リリカルな旋律と文句なしの出来映え。捨て曲もほとんどなく全編印象的な楽曲が堪能できる傑作。


            2013.02.14 Thursday

            ザ・ラスマス/デッド・レターズ(ショップ商品紹介)

            0


              北欧らしい哀愁メロディが脳裏に焼き付くフィンランドの人気ロック・バンドの5作目。

              このアルバム、当時かなり売れまくっていたのですがリピーターが少ないのか中古で結構な安値で販売されています。モダン・ポップで好き嫌いが大きいサウンドなのかもしれません。80年代型のハードロックとは血色が異なります。

              しかし捨て曲があまりないので粒揃いといえるし、この切ないメロディは日本人好みのどストライクゾーンのものではないかと。PV見て一発で気に入った方も多いかと思います。






              2012.11.28 Wednesday

              MORIAN/SENTINELS OF THE SUN(ショップ商品紹介)

              0


                フィンランド出身のゴシック系HR/HMバンド、MORIANのデビュー・アルバム。

                SENTENCED,HIM,ENTWINE,CHARON等に通じる、いかにもフィニッシュ・メタルな哀愁を感じさせるハイクオリティな作品。

                ゴシックとはいえ結構明快でキャッチーな曲調が多く、アタック感もありそのあたりは普遍的なメロディック・メタルとして楽しめる内容と思います。

                ピアノやストリングスのアレンジも秀逸、悲哀に満ちた曲からドライブ感のあるノリのよいハードロックまで普通にメロハーが好きな人でもいけるのでは。




                2012.09.18 Tuesday

                トゥ/ダイ/フォー/エピローグ(ショップ商品紹介)

                0


                  ポップで悲哀に満ちた甘美なメロディが胸に染み入るフィンランドのトゥ・ダイ・フォーによる傑作2ndアルバム。

                  夜や寒い季節に聴くとより一層感動的で耽美世界に引き込まれます。ダークすぎずに、いずれの楽曲もコマーシャルでキャッチーなので一般受けするのではないかと。80Sニューウェイヴ・テイストがまた絶妙。

                  3rd『JADED』4th『?』5th『WOUNDS WIDE OPEN』と発売されたそのどのアルバムも素晴らしい。“ゴシック・ロック”だからと変な先入観は取り払って幅広いリスナーにオススメしたいバンドです。





                  2012.02.14 Tuesday

                  LULLACRY/CRUCIFY MY HEART(ショップ商品紹介)

                  0


                    メタルの聖地、フィンランドから登場した女性Vo擁するハードロック/メタル・バンドの3rdアルバムをピックアップ。最近新作も出ましたね。

                    最初に彼らの音楽を聴いたのは2nd『BE MY GOD』(01)でしたが、ポップ且つキャッチーなドライヴ感溢れるサウンドがフィットして何度もリピートしました。本国では人気あるようで。

                    この3rdはさらに楽曲の質が上がり、ゴリゴリっとしたアグレッシヴな中にもポップ・フィーリング溢れるヴォーカルがキュートで捨て曲無しのバンド・サウンドに仕上がっています。ゴシック系バンドに分類されることもあるようですが、普遍的なロックとして幅広いリスナーにうけると思います。国内盤が出ないのが不思議です。


                    2012.01.27 Friday

                    SARALEEというバンド

                    0
                      知らなかった、こんなバンドいたなんて。

                      結構ジャケの印象とかで勝手な先入観があって聴かず嫌いなCDも中にはあるのですが、やはり奥が深い、フィニッシュ・メタル。



                      バンド名はSARALEE=サラリーでいいのかな?

                      どこの会社員やねんとか、そういうことは言わないでおこう。

                      いや、言ってしまいましたが。


                      しかしアルバム聴いて、良い曲ばっかりで驚きました。
                      ネガティヴの2ndとか好きな人でもいけるのではないでしょうか。

                      ダークで深遠なゴシック・メタル曲もあります。

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Search this site.
                      MELODIC LEDGE RECORDSリンク
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。