2020.02.19 Wednesday

イタリア産ゴシック・メタル - DOMINA NOCTIS/Second Rose(ショップ商品紹介)

0


    イタリア出身、女性Vo擁するKey入りメロディック・ゴシックメタル・バンド DOMINA NOCTISの2ndアルバム。ブラックメタル・バンド FORGOTTEN TOMBのAsher(G)が在籍しており、作曲を担当。

    キュートに歌い上げる哀愁メロディが全編印象的で、儚げながらもポップ且つキャッチ―な楽曲ばかり。飛びぬけた個性やキラーチューンはないですが、捨て曲がないのが嬉しい。寒い夜に聴くと身に染みる。

    パティ・スミス・グループとシェールのカバーがまた新鮮です。








    JUGEMテーマ:HR/HM



    2020.02.12 Wednesday

    フィンランド産ゴシック・メタル - For My Pain.../FALLEN(ショップ商品紹介)

    0


      メタル大国フィンランドから冬の夜にピッタリなゴシック・メタル、FOR MY PAINの唯一のアルバム。

      ETERNAL TEARS OF SORROWのメンバーを中心に、CHARONのラウリ・ツォヒマー(G)、REFLEXIONのユハ・キルマネン(Vo)、NIGHTWISHのツォーマス・ホロパイネン(Key)が集結した極上メロディック・サウンド。

      私なんぞは5曲目の『RAPTURE OF LUST』にノックアウトされ、度々引っ張り出してはよく聴く作品です。

      女性Voを挿入した『DANCER IN THE DARK』や哀愁ミドル『QUEEN MISERY』『SEA OF EMOTIONS』『BED OF DEAD LEAVES』、儚いサビメロの『AUTUMN HARMONY』等捨て曲もほとんどなく、北欧哀愁美が全編堪能できます。







      JUGEMテーマ:HR/HM



      2019.05.29 Wednesday

      女性Voゴシック・メタル - ザ・ギャザリング/ナイトタイム・バーズ(ショップ商品紹介)

      0


        女性Voアネク・ヴァン・ガースバーゲンの加入により飛躍的な進歩を遂げたゴシックメタル・バンド、the GATHERINGによる4thアルバム国内廃盤帯付。

        押しの強さでヘヴィ且つメロディアスにキメた前作『MANDYLION』を踏襲しつつ、バリエーション豊かに耽美な独特の世界観を提示。伸びやかで力強いヴォーカル・メロディが唯一の個性を放っていて素晴らしい。

        ズッシリとヘヴィなリフで荘厳に展開する『ON MOST SURFACES』、再録となるキャッチーな『THIRD CHANCE』、とろけるほど妖艶に歌い上げる『KEVIN'S TELESCOPE』、ピアノでダークに綴る『SHRINK』。また日本盤ボーナス・トラックの『LEAVES』『ELEANOR』が捨て音源になっておらず嬉しい。




        JUGEMテーマ:HR/HM

        2019.04.11 Thursday

        ポーランド産ゴシック・メタル - DESDEMONA/STAGNACJA(ショップ商品紹介)

        0


          96年に結成された女性Vo擁するポーランドのゴシック・メタル・バンド、DESDEMONAによるデビュー・アルバム。

          ライナーもメンバー写真もない地味なジャケットなので「なんじゃこりゃ?」状態ですが、パワーメタル色もあるバリエーション豊富なサウンド。

          浮遊感のあるフワフワしたヴォーカル・メロディにシンフォニックなキーボードが東欧の怪しさ漂っており独特です。

          インダストリアル・メタルに変貌している他のアルバムから入った人はこの1st聴いてビックリするかもしれません。




          JUGEMテーマ:HR/HM

          2018.11.27 Tuesday

          美声ゴシック・メタル - リーヴズ・アイズ/ヴィンランド・サーガ コレクターズ・エディション

          0



            史実に基づくヴァイキングの物語を壮麗・荘厳・壮大なサウンドで描いたリーヴズ・アイズのロング・セラー・アルバム『ヴィンランド・サーガ』の2枚組コレクターズ・エディション。先に1枚組を買っている人には歯痒い商品ですが、初めて購入される方には安くてお買得です。

            16年に脱退した元THEATRE OF TRAGEDYのリヴ・クリスティンの美声とATROCITYのメンバーによる迫力のシンフォニック・サウンドが楽しめます。デスVoも挿入し、闘いとひとときの静寂を織り成すフォークロアが癒しの空間さえ運んでくれます。

            即効性のあるコマーシャルな『ELEGY』〜メロウ且つ広大な『TWILIGHT SUN』までシネマティックでイマジネーション豊かなアレンジの楽曲が続く。ヴァイキング・メタル色が独特。


            live at Wacken2008




            JUGEMテーマ:HR/HM


            JUGEMテーマ:No Music, No Life



            2018.09.19 Wednesday

            ロシアの女性Voゴシック・メタル - DARK PRINCESS/THE WORLD I'VE LOST(ショップ商品紹介)

            0

               

              前任Vo脱退後、新たにナタリア嬢を迎え世界進出を計ったロシアのゴシック・メタル・バンド、ダーク・プリンセスによる4thアルバム。去年解散したんやったかな?

               

              吸血鬼ハンターDちっくなかっこいいジャケットに惹かれて買って損はない!と思える仕上がりで楽曲の質は向上している。 デジ風味、翳りのあるメロディ、男性Voの掛け声と・・EVANESCENCEの影響下にあるのは変わらずですが、アップテンポの『EVERLASTING RAIN』『POINT OF NO RETURN』が後半よいアクセントになっている感じ。

               

              英語詞になってもどことなく西欧のバンド群とは異なる匂いがあるのが特徴的。叙情メロディが冴えるラストの『THE WAY OF PASSION』も◎。

               

               

              JUGEMテーマ:HR/HM

              2018.02.16 Friday

              イタリア女性Voゴシックメタル - LACUNA COILの1st(ショップ商品紹介)

              0


                今や世界的に有名なビッグ・アーティストとなった女性Vo擁するイタリアのゴシック・メタル・バンド、ラク―ナ・コイルのデビュー・ミニ・アルバム。アメリカナイズドされたニューメタルな近作とは違い、THE GATHERINGに似たダーク&メランコリックな楽曲が印象的。

                ・・とはいえ、男女ツイン・ヴォーカルとメロディックで独特なサウンドは既に確立されており結構キャッチーだ。ほどほどに胸を締めつけるような切ないメロディと耽美なアレンジにグッとくる。

                downライヴ映像-初々しい



                JUGEMテーマ:HR/HM



                2018.02.07 Wednesday

                古典プログレ+メロディック・メタル - イヴノワール/ヘロンズ(ショップ商品紹介)

                0

                   

                   


                  大型新人として期待値高かったが、惜しくも解散してしまったイタリアン・ゴシックメタル・バンド、EVENOIRE。

                  フルート奏者のソプラノに古典的なプログレ/フォーク/シンフォニック・ロックとダイナミックなヘヴィメタル・サウンドを搭載したゴージャスな展開。なんとも独特の世界観を放つ芸術的ともいえる内容です。

                  1,6曲目のイントロだけだとLANA LANEで、4,5,7,11曲目はTHE GATHERINGなんかを思い出すんですね。そんなちょいと古めかしい要素を盛り込みつつ、へヴィ&メタリックなギターを大胆に導入してとことん盛り上げる。その迸る躍動感・疾走感も特徴的。




                   

                   

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:HR/HM

                   

                   

                   

                   

                  2018.02.01 Thursday

                  女性Voメロディック・ハード - LULLACRY/CRUCIFY MY HEART(ショップ商品紹介)

                  0

                     

                    中古相場は低いが、内容はピカイチという外盤がたまに存在する。これもそのひとつ。 フィンランドの女性Vo擁するハードロック/ゴシックメタル・バンド、ララクライの3rdアルバムです。

                     

                    最初に彼らの音楽を聴いたのは2nd『BE MY GOD』(01)で、ポップ且つキャッチーなドライヴ感溢れるサウンドがどストライクで何度もリピートしました。本作でさらに楽曲の質が向上、ゴリゴリっとしたアグレッシヴな中にもポップ・フィーリング溢れるヴォーカルがキュートでノリノリ。

                     

                    ゴシック系バンドに分類されることもありますが、幅広くウケるはず。国内盤が出ないのがいまだに不思議なほど。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:HR/HM

                    2018.01.02 Tuesday

                    北欧メロディック・ゴシック - FOR MY PAIN.../FALLEN(ショップ商品紹介)

                    0


                      秋から冬の夜にピッタリなフィンランド産ゴシックメタル、FOR MY PAIN。

                      ETERNAL TEARS OF SORROWのメンバーを中心に、CHARONのラウリ・ツォヒマー(G)、REFLEXIONのユハ・キルマネン(Vo)、NIGHTWISHのツォーマス・ホロパイネン(Key)が集結した極上メロディック・サウンド。

                      泣きのリフレインが絶品の『Queen Misery』、キャッチーなキラーチューン『Rapture Of Lust』がキテます。

                      再発盤の本作は3曲のボーナスが追加されており、ヒット・シングル『Killing Romance』がちゃっかり収録されているのが嬉しい。

                      当時同じタイプのフィニッシュ・メタルが量産されましたが、ヴォーカルにクセがあまりないこれが一番聴きやすいんですよね。結局のところ国内盤が出なかったのが不思議。






                      JUGEMテーマ:HR/HM

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Search this site.
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。