2018.08.15 Wednesday

リッチー・ズィトーのプロデュース - ホワイト・ライオン/メイン・アトラクション(ショップ商品紹介)

0


    久しぶりに投入したホワイト・ライオンの4th『メイン・アトラクション』国内廃盤帯付です。ちょっぴり嬉しいカラー・ブックレット入り。

    盛り上げてくれるのはアコギから徐々に熱くなる『YOU'RE ALL I NEED』とピアノで綴る『TILL DEATH DO US PART』のバラード2曲。

    総合的にもサウンド・プロダクション良好で、ビッグで質の高い楽曲がぎっしり詰まっている。



    JUGEMテーマ:HR/HM



    2018.08.01 Wednesday

    職人技メロハー - GIANT/LAST OF THE RUNAWAYS(ショップ商品紹介)

    0

       

       


      何度もお世話になった作品ですが久しぶりに・・今朝はこれで。なかなかに涼しい気分になれる。

      大物アーティストたちのプロデューサーとして名を馳せるダン・ハフが在籍していたメロディアス・ハードロック・バンドの89年デビュー盤。歌もギターも激ウマ。

      バラード『I'LL SEE YOU IN MY DREAMS』とキャッチーな『HOLD BACK THE NIGHT』が最高。





       

       

       

       

      JUGEMテーマ:HR/HM

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

       

      2018.05.30 Wednesday

      陽性メロハー - レヴォリューション・ロード/REVOLUTION ROAD(ショップ商品紹介)

      0


        これ、いいと思うんですけどね〜。ほっとけば忘れ去られるタイプ?「REVOLUTION ROAD」で検索したらディカプリオの映画『レボリューショナリー・ロード』が出てくるし。

        元SNAKES IN PARADISEのステファン・ベルグレン(Vo)とアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(Key)、ENEN'S CURSEのリーダー、ポール・ローグが参加したメロディアス・ハードロック作。

        ドライブ感のあるキャッチーな『WINGS OF HOPE』、80年代風味溢れる哀愁バリバリなタイトル曲で手応えありだ。



        JUGEMテーマ:HR/HM



        2018.04.03 Tuesday

        ポルトガルのメロハー - FAITHFULL/LIGHT THIS CITY(ショップ商品紹介)

        0


          ポルトガルのメロディアス・ハードロック・バンド、フェイスフルの1stアルバム(輸入盤)をご紹介。BON JOVI似のアメリカンでキャッチーな楽曲が話題になった。

          やはり皆国内盤(帯付)が欲しいのかな〜とか思いつつ、12曲目のバラード『Please』は日本盤ボーナスに入っていないのでこれもオススメしたい一品。

          総じて心地よく健康的なハードポップが揃っていて私もお気に入りの作品です。





          JUGEMテーマ:HR/HM

          2018.03.25 Sunday

          元SUBWAYのDs在籍、メロディアス・ハード - ヒューマン・ズー/オーヴァー・ザ・ホライズン(ショップ商品紹介)

          0


            ここんとこメタル系からは遠ざかっていたのですが、これもまた懐かしの一品でいいよね!ってことで取り上げてみた。

            元SUBWAYのトミー・ストローベル(Ds)が在籍しており、当時はSUMWAYのサウンドを期待して購入したんですよね。爽快なコーラスを盛り込んだ80Sアメリカン・メタル風のカッコイイ楽曲が収録されており、やはりSUBWAYに近いサウンドで嬉しい内容。

            バラード『BE THE ONE』と、まさにSUBWAYな『CREATURES OF THE NIGHT』が素晴らしい出来栄えだ。



            JUGEMテーマ:HR/HM

            2018.02.09 Friday

            元BONFIREのVo在籍のメロハー - ファントム5/PHANTOM5(ショップ商品紹介)

            0


              「マイケル・ヴォスが歌ってるのかと思えば違った」という方もいたメロディック・ロック・プロジェクト、PHANTOM 5。

              BONFIREを脱退したクラウス・レスマンが参加しており、彼が歌えばBONFIREだと間違えるほど個性が出ているからあら不思議。

              JADED HEARTとFRONTLINEのスタイルをブレンドしたというのも納得の仕上がりで、Keyが効いているのでなかなかに洗練されたサウンドだ。『DON'T TOUCH THE NIGHT』っていう曲には思わずニンマリでした。






              JUGEMテーマ:HR/HM



              2018.01.27 Saturday

              USメロディアス・ハード - PROPHET/RECYCLED(リマスター再発盤)

              0


                DANGER DANGERのテッド・ポーリーが1stでドラムをプレイしていたニュージャージーのPROPHET。2ndまではプログレ・ハードポップなサウンドでしたが、ラストとなった本作では抜けのよいアメリカン・ハードロックを披露した。ヴォーカルは前作に続きラッセル・アルカラさん。

                これまでとは違った作風ですが、私は結構好きなアルバムです。疾走感のある『BRIGHTEST STAR』が一番インパクトあったな。哀愁の『CALL OF THE WILD』もいいね。

                エッジの効いたギター、ほどよいキーボード、コーラスワーク・・・今思えば90年代初頭ならではのサウンドだ。再発につきアートワークを変えたのも好印象。



                JUGEMテーマ:HR/HM

                2017.12.17 Sunday

                メロハー名盤 - ミレニアム/エンジェルファイアー(ショップ商品紹介)

                0


                  近年のハードポップ、メロハー系はどれもこれも似たり寄ったりで面白くないな〜・・と思ったときに引っ張り出す90年代のメロディアス・ハード。

                  メロハーからは遠ざかりICED EARTH,DEICIDEなどの活躍で知られるギタリストのラルフ・サントーラですが、かつてメロディアスな音楽をきっちり分けてリリースしていたのがこのバンド。

                  マイケル・シェンカー風の泣きのギターにやられたものだ。特に前半の流れが良い意味で神懸かっており、へヴィ且つ流麗、叙情的なメロディの連続技で魅せる。トッド・プラントの線の細いヴォーカルは哀愁が効いており絶品だ。

                  イントロのギター数秒でOKな悶絶ハードロックって、ここんとこ壊滅状態な気がするんですよね。昔はよかったっていう人の気が分からないでもない・・。まぁ、そういう方たちの昔って、80年代初期〜中期ぐらいかもしれないけどパー






                  JUGEMテーマ:HR/HM



                  2017.11.26 Sunday

                  スイス産メロディアス・ハードロック - CHINA/WE ARE THE STARS(ショップ商品紹介)

                  0


                    戦隊ものじみた格好のジャケの1stが衝撃的だったスイスのメロディアス・ハードロック・バンド、チャイナ。あの頃のサウンドは今も健在なのだろうか?

                    当初本国のみのリリースだった本作『WE ARE THE STARS』はオルタナ入った前作『LIGHT UP THE DARK』('10)よりもらしいサウンドになっていて好感触でした。けど品薄ですね。

                    叙情的な2ndよりもちょっとだけ1stに近いおげんこな感じで、アメリカン・ハードロック風の抜けのよさがある。ネット上ではお目にかかれなくなってるし、この機会にいかがでしょうか。

                    JUGEMテーマ:HR/HM

                    2017.11.01 Wednesday

                    スウェーデン産メロハー - スネイクス・イン・パラダイス/ガーデン・オブ・エデン(ショップ商品紹介)

                    0

                       

                      1stアルバムはゼロコーポから国内盤がリリースされていたスウェーデンのハードロック・バンド、スネイクス・イン・パラダイスの2ndアルバム。 これがまた1st以上に楽曲が充実しており、ヴォーカル・メロディが非常に魅力的。

                       

                      ソウルフルな『VOICE INSIDE』『CHILD OF YESTERDAY』など全盛期のホワイトスネイクを彷彿とさせつつ、総じてアメリカン・ハードの明快さを備えた熱いサウンドが楽しめる傑作だ。一曲目の『SEVENTH WONDER』で掴みはOKてな具合。

                       

                      1stのジャケは80年代風の横顔おねーさんが印象的でしたが、今回蛇なんでC級感漂っておりますね。しかし内容は結構よかったという(笑)

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:HR/HM

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      Search this site.
                      MELODIC LEDGE RECORDSリンク
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      著作権:肖像権について

                      当ブログ内における写真・動画は著作権侵害を目的としてはおりません。 You Tube等の動画に関しては管理人が記事として取り上げたいテーマであり、サイトにアップロードされたものをお借りしたものです。 問題が発生した場合は削除・訂正といった処置をとらさせていただきます。

                      MELODIC LEDGE RECORDSリンク